news

2016/07/05 12:04

以前のブログでもご紹介した、ZEBRA社のマッキーだけで描かれるマッキーアート。

以前のブログ記事

全12色の太細両用のマッキー(正式にはハイマッキー)を駆使して自在に線を描いていきます。
線の中に細かい描写を取り込むタッチは、彼女の父である絵師 米倉斉加年の絵にも見られるタッチです。

これまで、アート作品として親子コーデができるTシャツやスマホカバーとしてご紹介していました。

アートをご覧になった方から

『名刺に使いたいので作成して欲しい』

『待ち受け画面に利用したい』

などの声をいただきましたので、この度、デジタルコンテンツとしての配信をスタートしました。

マッキーだけで描かれる繊細な線と

その中に細かい描写を取り入れるタッチが特徴的なKANOのアート。

マッキーの『太』と『細』を巧みに使い分けて描いています。

優しさと温かさが盛り込まれた彼女のアートは、奥行きがあり立体感があります。 

 

アートを気に入って下さってアート作品を手にしていただいた方をはじめ、はじめて目にする方もダウンロード式のデジタルコンテンツで身近に『マッキーアート』を感じて下さい。

 

これからも、不定期にはなりますがアート作品をリリースしていきますので、楽しみにして下さい。