news

2015/11/04 15:33

昨年 80歳でこの世を去った米倉斉加年。

俳優・演出家としてだけではなく絵師・絵本作家としても数々の作品を残しています。

 


父としてアーティストとして、デザイナーの一人 K に多大なる影響を与えた、米倉斉加年氏が描いた絵をアート作品として製作しました。


最初のアート作品は、1976年に発売された絵本『多毛留』のなかの挿絵です。 

この絵本で、1977年 ボローニア国際児童図書展で、その前年 1976年の『魔法おしえます』に続き2年連続でグラフィック大賞を受賞しました。
この展覧会で2年連続で受賞したのは、史上初めての事でした。

この絵は、少年 多毛留(タケル)の力強い姿を描いています。

その他にも、未発表の絵も含めて発売していきます。